トイレの大掃除方法(便器の掃除テクニック)

大掃除の際に、念入りに掃除を行う場所の一つに「トイレ」があります。
普段から掃除をしている場所ですが、大掃除の機会に更に気合いを入れて綺麗にしましょう。

スポンサードリンク

では、トイレの掃除で一番厄介な便器の掃除の仕方を紹介してみます。
便器の掃除方法やポイント、必要な掃除道具など参考にしてみてくださいね。

【便器の大掃除】
和式便器、洋式便器にかかわらず水の溜まる部分なので汚れやすい箇所です。
もしも、茶色くなっている場合には、「尿石」か「ホコリ・サビ」の原因に分かれます。

この茶色い汚れは、基本的にはホコリとサビによるものが多いです。
有効な洗剤は、衣類用の還元系漂白剤です。
(この場合には、お湯を使う必要があります。)
お湯を張って洗剤を入れ、10分程、歯ブラシで擦ってみてください。
便器の掃除には、通常のブラシではサイズ的に裏側が掃除しずらいので歯ブラシを使う方が良いでしょう。


【便器の内側の大掃除】
掃除の道具としては、便器の奧に突っ込めるような細いブラシと洗剤があれば良いでしょう。
ですが、ガンコな汚れの場合には、色々な工夫が必要です。

まず便器の内側にトイレットペーパーを入れます。
そして、洗剤をそのトイレットペーパーに染み込ませて数十分または数時間放置してください。
汚れがかなり落ちやすくなっていますので、後はブラシで擦るだけです。

このような、洗剤を一定時間なじませるという方法は、あらゆる汚れに対しても有効なお掃除テクニックです。
トイレに限らず、その他の場所でも試してみてくださいね。

スポンサードリンク

【便器の縁の裏側】
簡単な掃除では汚れが落ちない場合には、裏側をトイレットペーパーでしっかりと拭いて水分を無くします。

その後に、使い古した靴下などに洗剤を染み込ませて、拭き掃除を行います。
ブラシでは落とせない汚れでも、靴下や軍手のような厚い布の方が落としやすい場合があります。
大掃除には、このような物を用意しておくと良いでしょう。
それでも汚れが落ちない場合には、尿石の塊が原因という事がほとんどです。
その場合には、洗剤をトイレットペーパーに染み込ませて裏側にあてて数時間放置して、その後にブラシでこすってみましょう。

大掃除を始める時には、ガンコな汚れがある箇所に、まずは洗剤を馴染ませておき、その間に他の掃除などの作業を行うようにすれば、大掃除も効率的に行えるでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

トイレの大掃除の仕方(床とトイレ周りのお掃除チェックポイント)
現在の家庭のトイレは、和式便器より洋式便器を使っている所がかなりの数を占めていま......

▲このページのトップへ

大掃除前に読んでおきたい
断捨離本!


マンガ版だからサクッと読めます。
断捨離初心者向けエッセイマンガ

HOME

携帯版のQRコード

大掃除のコツ!計画や手順とお掃除片付けテクニック:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://oosouji.coresv.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。